金属を使わない!メタルフリーの歯科治療の種類と内容

誰でも安心して治療できるように

注目されている治療方法を把握しよう

別の素材を歯に埋め込む

治療をした時に、歯を抜くことがあります。
抜いたままにしておくと、そこからバイ菌が侵入して病気を発症してしまいます。
最悪の事態を避けるために、代わりの歯を埋め込みます。
通常の人だったら、銀歯を埋め込めるでしょう。
しかし、銀歯は金属です。
アレルギー反応を起こす人は使用できないので、別の素材を使いましょう。

メタルフリー治療と言って、一切金属を使わない治療もできます。
金属に反応してしまう人は、注意してください。
少しでも金属が含まれているものを歯に埋め込むと、すぐに異変が見られることがあります。
他の金属はダメでも、金属の歯を埋め込んだ時に初めて異変が出る人もいます。
自分の体調の変化に、敏感になってください。

メタルフリーの治療ができる

インプラント治療などは、メタルフリーになります。
最近よく名前を聞くので、可能な歯医者が増えています。
最初からメタルフリーの治療が良いと決まっているなら、それを受け付けている歯医者を利利用してください。
人工的な歯を作るために、最新の技術が必要になります。

ですからある程度設備が整っている歯医者でないと、メタルフリーの治療ができません。
無理に、金属を使用した歯を埋め込まないでください。
アレルギーはガマンできるものではありません。
命に関わることなので、絶対に金属を使用しない治療を選択しましょう。
探すと、自分の近辺にたくさんの歯医者があることに気づくと思います。
その中で、メタルフリーの治療を実施しているところを選びましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る