金属を使わない!メタルフリーの歯科治療の種類と内容

誰でも安心して治療できるように

口内を見られても大丈夫

金属の歯のデメリット

銀歯や金歯など金属を素材に使った歯は、すぐ周囲に気づかれてしまう面が気になります。
口を開けると治療した部分が目立つので、嫌だと感じている人が見られます。
問題を解決するために、メタルフリーの治療を選択しても良いですね。
メタルフリーの治療をする場合は、本物のような歯を医師が作ってくれます。

見ただけでは、偽物だとはわからないでしょう。
そのため口を開いても、治療したと周囲に気づかれることはありません。
見た目を気にしている人は、メタルフリーの治療をするのがおすすめです。
インプラント治療などは費用が発生しますが、メリットも多いので損ではありません。
医師からもよくメリットを聞いて、どの方法で治療するのか選択してください。

壊れにくい歯が良い

強度が、銀歯や金歯に比べて高いと言われています。
ですから固い食べ物だって、遠慮しないで食べることができます。
壊れないので、無駄な出費も減らせるでしょう。
素材に金属を使っている歯は壊れやすいので、固いものを食べると割れてしまうかもしれません。
その状態のままで過ごせないので、すぐ歯医者に行って処置してもらいます。

しかし処置してもらうのも無料ではありません。
しっかりと料金が発生します。
そのため、できるだけ埋め込んだ歯を壊さないように生活を送らなければいけません。
歯を気にしすぎて、毎日柔らかい食べ物ばかりになるのは嫌ですよね。
それでは顎も発達しなくなってしまいます。
何でも食べられるよう、メタルフリーの治療で丈夫な歯を入手しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る