アンテナについてしろう

>

アンテナとはどういうものか

色々なアンテナ

まずアンテナの種類は大きく分かれて三種類あり、選ぶ基準は電波塔から出ている電波をキャッチする距離によって設置できる種類が異なります。
一つ目は八木式アンテナといい、一般家庭でよく設置されているオードソックスなアンテナです。
このアンテナの特徴は電波塔から少し遠く離れた場所でも電波をキャッチすることができ、とても便利なアンテナなのですが、外に設置するため鳥の羽休めや風雨、雷などの災害に遭うことが多く、アンテナが壊れることが多いそうです。
そのためアンテナの故障のせいで、テレビが急に見れなくなったり業者に修理依頼を出してもらうケースが多くみられますのでそこがデメリットとも言えます。
また値段も少しかかります。

他のアンテナもある

二つ目は平面アンテナであり、これは壁に設置するタイプのアンテナであり夜が意識アンテナのように外の景色の妨げになることは少ないでしょう。
また八木式アンテナを取り付けることができないような屋根に対しても効果はてきめんです。
ですがアンテナの電波をキャッチする範囲、電界地域は八木式アンテナと比べ、電波塔から少し近くにいないとこう羽化を発揮することができません。
三つ目は室内アンテナであり、これも八木式アンテナと違い室内に設置するだけですので手間もかかりませんし外の景色を損なうことはありません。
しかし室内アンテナはより近くの電波塔に住んでいる強電界地域でないと、強い効果を発揮することができません。
その代わりと言ってはですが値段は大変お安くなっているため、これもメリットの一つと言えるでしょう。